【官能小説】痴漢ごっこ

【官能小説】痴漢ごっこ

普通のエッチには飽きてしまった大学生カップルの「ケンジ」と「わたし」。変わったプレイがしたくて、電車で痴漢プレイをしようと、先に乗車していたところ本物の痴漢に襲われてしまい…。

※海外の動画サイトで「問題が発生しました」「ウイルスに感染しています」「サポートにお電話ください」等の表示が出た場合、決して連絡せずにそのまま閉じて頂ますようご注意ください。

■転載
小説Hより「痴漢ごっこ」
http://love.donguri.org/痴漢ごっこ
わたしは電車の先頭車両に乗り込むと、座席には座らず、車両の一番前、運転席側の壁の隅に陣取った。
この場所で、恋人のケンジと落ち合う約束をしているのだ。
わたしはケンジを探し、車内を見渡した。

(いないなぁ……)

車内にはたくさんの人がいるのだが、ケンジの姿は見当たらない。

その時だった。
なんと、背後から近づいてきた乗客が、わたしのお尻をなでたのである。
反射的に身を固くしたわたしだったが、すぐに《計画》のことを思い出し、胸を躍らせた。

(ケンジねっ……)

下を見ると、ジーンズにスニーカーの足が見え、わたしは笑みを浮かべた。
──実はこれ、《痴漢ごっこ》なのだ。
大学生のわたしとケンジは、エッチ大好きカップルで、欲望がちょっと暴走気味。
普通のセックスでは飽き足らず、いろんなプレイを楽しんでいる。
目隠しプレイ、拘束プレイ、コスプレなんてのは序の口。
カラオケやネットカフェの個室でしちゃったこともあるし、草むらの陰で青姦(!)なんてのもある。
そんなわたしたちが最近ハマっているのが、電車での《痴漢ごっこ》なのだ。
ケンジは、わたしのうしろにピッタリと密着して、臆病な手つきでわたしのお尻をさわっている。

(すごい。なりきってるじゃん……)

きっと本物の痴漢らしく、そっとさわって、わたしの様子をうかがっているのだ。
こういうプレイの時は、照れずに役になりきった方が楽しめる。

(わたしもなりきるわよ……)

わたしは困ったようにうつむき、壁際に身を寄せた。
今、ケンジにとってわたしは、《彼女》ではなく、《電車で見つけた気の弱そうな女の子》。
わたしにとってケンジは、《彼氏》ではなく、突然襲ってきた《見ず知らずの痴漢》なのだ。

わたしが気弱な態度を見せると、痴漢の手つきは大胆なものに変わっていった。
お尻のふくらみをわしづかみにしてもんだり、お尻の割れ目をなぞるようにして、その感触を楽しんでいる。
もし、本当に痴漢にあったら、もっと抵抗したり、逃げたりすると思う。
だけど、今のわたしは気の弱い女の子。
どうすることもできず、恐怖心と羞恥心に耐えながら、黙ってうつむいていることしかできないのだ。

(あぁ……わたし、知らない人にお尻さわられちゃってるんだ……)

わたしは痴漢の手の感触にゾクゾクし、身をふるわせた。
やがて、痴漢はスカートの中に手を入れてきた。
パンツの上からお尻をなで回し、その指先をわたしのアソコへと進めていく。

(あっ……)

わたしは体をピクンとふるわせた。
痴漢の指先が敏感な部分にふれたのだ。
痴漢は、そんなわたしの様子を見て調子に乗り、ついに、わたしのパンツの中に手を入れてきた。

「……!」

痴漢の手が一瞬止まる。
同時に、わたしはその理由を悟った。

(やだ、わたしったら……)

わたしのアソコはあふれ出した愛液で、グチョグチョに濡れてしまっていたのだ。

(痴漢にさわられて、こんなになっちゃうなんて恥ずかしい……)

顔を真っ赤にしてうつむくわたしをよそに、痴漢はゆっくりと、いたぶるように指を動かしはじめた。
もちろん、話しかけてきたりはしないが、その手つきはまるで、反応してしまったわたしをあざ笑っているかのようだ。
愛液のまとわりついた指で、クチュクチュと音を立てながらアソコをなで回され、わたしは甘い吐息がもれそうになるのを必死に我慢した。
電車には、他にも乗客がたくさんいる。
醜態をさらすわけにはいかないのだ。

ページ: 1 2 3

大人の女性向けの情報がいっぱいありますよ♪→ 女性向けアダルトブログランキング情報
一徹さん他、エロメンの女性向け動画はコチラ♪→ Fc2の女性向けアダルトブログ情報

Loadingいいね! この動画は3人のユーザーがいいね!しています ♪

カテゴリー
タグ

新しく追加された女性向け動画をチェック ♪